スポンサーサイト

[ --/--/-- ] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

難病リポジストロフィーでシワだらけになった少女

[ 2010/08/26 ] その他貴重映像

一人の少女・ザラ・ハートショーン。1996年10月12日生まれの13歳。12日生まれの13歳。学校が終わると、親友と無邪気に遊ぶ。友達と並ぶとまるで親子のように見えてしまう。その原因はリポジストロフィー。極めて症例の少ない原因不明の難病だ。リポジストロフィーは、脂肪の代謝に異常が起きる病。脂肪の燃焼が急速に進み、どんどん減少してしまう。
鏡を見ては、シワを手で伸ばす。そんな、悲しい日課が身についた。
ザ・ベストハウス123サイト内から抜粋して引用

フジテレビのザ・ベストハウス123でも特集されていて、日本で美容整形を受けるそうです。番組の宣伝みたいになってしまいますが、9月1日放送分で美容整形した結果がわかるようです。紹介している動画は半年ほど前に取材を受けたものでフジテレビとは関係ありません。

収録済みの記事はここで読めますが当ブログは移転しました。
  http://douga.gger.jp/←移転先サイト


実は、ザラの病は母から伝わったもの。母・トレーシーもまたリポジストロフィーに冒されている。その母の病が、娘・ザラに遺伝してしまったのだ。母・トレーシーに、症状が出始めたのは5歳の時だった。症状は容赦なく進んだ。過酷なイジメにもあった。ついたあだ名は、フランケンシュタイン。就職の面接では本当の年齢を信じてもらえず、定職につけなかった。

母は、子供たちと共に治ることのない病と闘い始めた。自分が工夫してきたシワを隠すための化粧法を13歳のザラに教えた。毎朝30分、鏡を見つめながら、シワを伸ばすのが日課のザラ。そして、13歳の少女に夢が出来た。それは美容整形。実は、母トレーシーも10代の頃、フェイスリフトを受けていた。病院で検査を受け、ザラは手術できることになった。果たしてどんな変貌を遂げるのか。

ザ・ベストハウス123サイト内から抜粋して引用



スポンサード リンク


はてなブックマークに追加  
[ 2010/08/26 13:51 ] その他貴重映像 | CM(0)
この記事へのコメント(名前省略可)









管理者にだけ表示を許可する場合は左のチェックボタンを入れてください
最新記事



記事検索
全記事表示
スポンサード リンク
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。