スポンサーサイト

[ --/--/-- ] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

上海申花が鹿島に悪質ファール、岩政の目の負傷は肘打ちではなく指入れが原因

[ 2011/03/04 ] 検索来訪者用記事
3月2日、サッカーACL1次リーグが行われ、H組の鹿島は上海申花とアウェーで対戦しに0―0で引き分けました。この試合では上海申花の選手が悪質なファールを連発し、鹿島の選手が多く負傷したのですが、その中でも岩政大樹選手の負傷が気になりました。マスコミの一部は「肘打ち」「エルボー」などと報道しているのですが、動画を見る限り、肘打ちよりも失明につながりかねない悪質なものでした。

収録済みの記事はここで読めますが当ブログは移転しました。
  http://douga.gger.jp/←移転先サイト

再生時間55秒過ぎから、背番号5の戴琳が手指を開いて指を入れている様子が見えます。


下のような報道が目立ちました。岩政本人や鹿島サイドが「ひじ」と表現したのかもしれませんが、ACLの予選だとあまり注目されていないのでしょうか。

スポーツ報知 後半4分、日本代表DF岩政も顔面にエルボーを受けて昏倒(こんとう)。
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20110303-OHT1T00043.htm

スポニチ 後半4分には岩政が肘打ちを食らい右目下を打撲した。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/03/03/kiji/K20110303000353660.html

スポンサード リンク


はてなブックマークに追加  
[ 2011/03/04 02:13 ] 検索来訪者用記事 | CM(1)
  1. <再生時間55秒過ぎから、背番号5の戴琳が手指を開いて指を入れている様子
     でもその前に背番号5番の選手が3番の選手の髪掴んでいるようにもみれるよ。
     ちゃんとチェックした方がいいよ。
     
    [ 2011/03/04 09:00 ]
この記事へのコメント(名前省略可)









管理者にだけ表示を許可する場合は左のチェックボタンを入れてください
最新記事



記事検索
全記事表示
スポンサード リンク
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。