スポンサーサイト

[ --/--/-- ] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

石田順裕が27戦全勝24KOのカークランドに1回TKO勝利

米国では「今年最大の大番狂わせ」として話題になりました。ボクシング元WBA世界スーパーウエルター級暫定王者の石田順裕(35)が4月9日米国ラスベガスでWBO世界ミドル級4位のジェームズ・カークランド(米国)と対戦し、1ラウンドに3度ダウンを奪ってTKO勝ちしました。個人撮影ですがわかりやすい動画があったので紹介します。カークランは27勝24KOのハードパンチャーで、全米では「世界に最も近いホープ」として扱われています。
収録済みの記事はここで読めますが当ブログは移転しました。
  http://douga.gger.jp/←移転先サイト

開始わずか20秒前後で、石田の左ショートがカークランドのあご先をとらえて1度目のダウン、その後は時折打ち合いになるものの、カークランドにダメージが残っているのは明らかでした。
Kirkland vs Ishida, MGM Grand, Las Vegas, April 9th, 2011 http://youtu.be/XHecp0rsgpY


カークランドは前回の試合からわずか三週間ほどで試合を行っています。カークランド側は石田のことを、元暫定世界王者とはいえKO率が少なく、ジムの移籍騒動などがあり調整がうまくできない「かませ犬」程度としか考えていなかったようです。

スポンサード リンク


はてなブックマークに追加  
この記事へのコメント(名前省略可)









管理者にだけ表示を許可する場合は左のチェックボタンを入れてください
最新記事



記事検索
全記事表示
スポンサード リンク
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。