スポンサーサイト

[ --/--/-- ] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

ハブを上回る猛毒オコゼ、オニダルマオコゼの動画

[ 2010/08/06 ] 科学、テクノロジー

サイト内タグ:

オニダルマオコゼ - Wikipediaオニダルマオコゼはカサゴ目フサカサゴ科に属する魚類の一種。背鰭の棘条から強力な毒を分泌するため、非常に危険な魚類として知られている。オニダルマオコゼはインド洋・太平洋西部の熱帯域に分布し、サンゴ礁など浅い海に生息する。日本近海では小笠原諸島・奄美大島・沖縄周辺に分布している。体長は40cm程度で、全身がコブ状の突起やくぼみに覆われ、岩に擬態する。他のオコゼ類と同様に肉食性で、小魚や甲殻類を捕食する。



収録済みの記事はここで読めますが当ブログは移転しました。
  http://douga.gger.jp/←移転先サイト



岩に擬態したオニダルマオコゼが魚を食べる動画

わざと手で触ったりする様子


ハブ上回る猛毒、オコゼに刺され?ダイバー死亡(読売新聞) - Yahoo!ニュース8月5日20時33分配信 読売新聞
 5日午前9時頃、沖縄県名護市幸喜の海水浴場で、ダイビングの指導をしていた同市宮里の男性(58)が「痛い、オコゼに刺された」と叫び、浜辺に上がろうする途中で倒れた。仲間が左足の裏に複数の刺し傷があるのを確認し、毒素をもみ出す応急措置をしたが、男性は心肺停止に陥り、約1時間半後に搬送先の病院で死亡が確認された。名護署はオコゼのトゲが刺さり、毒素でショック死したとみて調べている。

 沖縄県衛生環境研究所によると、沖縄本島沿岸に生息する毒を持つオコゼは、オニダルマオコゼが代表的。石や岩に擬態して潜み、背びれのトゲから出す毒の強さはハブの30倍以上とされる。沖縄では人が気付かずに踏みつけて負傷する事例はよくあるが、死亡した記録は1件(1983年)しかない。



スポンサード リンク


はてなブックマークに追加  

サイト内タグ:

[ 2010/08/06 21:29 ] 科学、テクノロジー | CM(0)
この記事へのコメント(名前省略可)









管理者にだけ表示を許可する場合は左のチェックボタンを入れてください
最新記事



記事検索
全記事表示
スポンサード リンク
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。